『教区だより』公開講演会を開催しました

Home > 出版小委員会 > 『教区だより』公開講演会を開催しました

『教区だより』公開講演会を開催しました

『教区だより』公開講演会を開催しました

2月27日(火)、教区会館2階大講堂において『教区だより』公開講演会を開催しました。講師には佐賀枝夏文氏(高倉幼稚園園長・大谷大学名誉教授)をお迎えして、昨年9月より『教区だより』にて連載執筆中の「仏教と社会」をテーマに講演いただきました。

佐賀枝氏は講演の中で、社会的通念(共通語や常識、または固定観念といったもの)と仏教の説く世界との隔たりについてお話しになられました。何事も「良かれ」と思って成長してきた社会の中では、「小」より「大」を尊び、本来表裏一体のものである「発達・減衰」では減衰には目を向けない社会構造となっていることをお話しになられました。また、仏教の説く世界がなければ、碍げ(さまたげ)が転じて無碍(むげ)となることができないことを熱く語られました。

Home > 出版小委員会 > 『教区だより』公開講演会を開催しました

ページの上に戻る