『教区だより』公開講演会を開催しました

Home > お知らせ | 出版小委員会 > 『教区だより』公開講演会を開催しました

『教区だより』公開講演会を開催しました

『教区だより』公開講演会を開催しました

3月7日(月)、京都教区会館2階大講堂において、『教区だより』公開講演会を開催しました。
講師には昨年に引き続き平雅行氏をお迎えし、2年にわたって連載をいただいた、「親鸞―時代を生きる」のテーマでお話しくださいました。
今回は、様々な史料を読み解く中から見えてくる「六角堂参籠」「建永(承元)の法難」「越後流罪」について、その時代や社会の背景を中心にお話しをいただきました。
中でも、その出来事に関わった親鸞聖人や法然上人、聖覚法印といった方々の苦悩や葛藤について、熱を込めて語られる平先生の姿が印象的でした。
2016教区だより公開講演会

Home > お知らせ | 出版小委員会 > 『教区だより』公開講演会を開催しました

ページの上に戻る